Girls living the dream – LAUREN HILL 夢を生きる女の子

lauren-hill_girls-living-the-dream_9

People who are living the dream… don’t just envy them and say “yeah, would be nice to live like that, but…” Think of it…that could actually be you in the near future if you keep dreaming big and believe in the process!

Yay, here we go again, finally another part of ‘Girls living the dream’! I must say, this is definitely one of my favourite blogs to write about.

With each of these special series we are inviting special guests to share their life stories, filled with travel, art, play, creations and inspirations to help re-ignite your deactivated dreams. I feel that usually girls’ dreams tend to fade and disappear more often than boys’ dreams? A possible scenario could be, falling in love with someone who is chasing a big dream and you want to support that man in your life? Or you became a mum and are simply too busy. In some cultures with certain social confinements and regulations girls aren’t even “allowed” to dream or lead a path of their own desire…  That’s one of the main reasons we wanted to focus more on girls with this ‘Guest’ blog section.

You might think they are just living a dream life without having any obstacles or hard work that went into creating it. Well, let’s hear the real stories behind these inspirational people who live the dream life…

This time we have interviewed our dear friend LAUREN HILL and are stoked to share her story with you here. We are also super excited to announce that Lauren will be one of our surf facilitators at the Byron Bay Beach Life Retreat in March 2017. Enjoy the interview…

夢を生きてる人を見るとやっぱりどこか羨ましくなる、「そんな風に生きられたらいいよねー」なんて他人事にしないで!チャンスはいつだって自分のところにやってくる、諦めないで夢を見続けている事ができる人のところに。

私はいつもそんな夢の様な人生を送っている人々を見ていると、どうやって成功したんだろう? どんな苦労や、ストーリーが影に隠れているんだろうと興味津々になってしまう。

比較的、女性が夢追う事、夢を生きる事は男性に比べて少ないような気がする、なせかといえば夢を追う男性をサポートする側になってしまったり、結婚、出産、子育てと忙しさに圧倒されて夢が色褪せてしまう事も少なくない。お国柄によっては、女性が夢を見る、人日の前に立ってリードしていく事すら許されないと言うような悲しい現実も実在する。

だからこそ、このゲストブログ『Girls  living the dream』では、女の子たちにフォーカスを当てることで、背中を後押してくれるような役割ができればいいなと願っています。

心の奥底に押し込まれてしまった昔からの夢、好きだったもの・事柄をもう一度思い出して、フォーカスしてみるのも悪くないのでは?

今回のゲストは、私たちのお友達でもあり、いつもライディングスタイルを海の中でお勉強させていただいている、ローレン・ヒルさんにインタビュー。

そしてここで嬉しいお知らせ!
ローレンは、私たちのオーガナイズする”BYRON BAY Beach Life Retreat’17″にて サーフセッションとQ&Aセッションを2日間にわたって行って頂く事になりました。是非みなさんにもご参加いただけたら嬉しいです。
詳細はRetreatのページからどうぞ。

lauren-hill_girls-living-the-dream_1
Lauren is unbelievably humble, calm and gentle yet strong and steady, and of course very playful, too. I guess a lot of people would know her as a professional freesurfer, activist and beautiful life-partner of professional freesurfer Dave ‘Rasta’ Rastovich. But what don’t we know about Lauren? What actually is a free surfer or do they do? What is her passion? How much does she travel around the world…and does she actually enjoying being a famous surfer?? Lauren answered all of our questions in great detail and shared her visions and feelings about being busy, female and shared her deepest dreams very openly.

ローレンは信じられないくらいに謙虚で腰が低く、落ち着いた優しいエネルギーに満ちた女性。でもそこに芯の強さと、ぶれないスタンスが加わり、地に足がしっかりとついた印象を受ける。もちろん遊び心も旺盛!すべての流れ、タイミングやバランスをしっかりと重視して、自分自身に最も心地よいライフスタイルを生み出している、本物の自然派のサーファー。
ローレンってどんな人?というとほとんどの方は、プロの”フリーサーファー”や、デイブ・ラスタの奥様という肩書きが浮かんでくるのでは? 彼女は環境科学をアメリカの大学で学び、環境や性別問題の活動家、そしてライターとしても活躍している立派なキャリアのある女性。
彼女がどんな生活をし、何を大切に思っているか、今後のビジョン、キャリアを持つ女性が母親になる事について、などなどプライベートな質問なども含め、とってもオープンに語っていただいたインタビュー。このページでお届けするローレンのリアルな言葉やライフスタイルから、あなた自身に共通する刺激やインスピレーションを受け取っていただけたら嬉しいです。

Lauren, can you please tell us a bit about your background, including your surfing history?

I grew up on a barrier island off the coast of Florida, surrounded by water. My family was always at the beach and my dad used to surf, so we always had boards around. There wasn’t a whole lot to do in our little community, so surfing was our savior.
I surfed competitively for about 6 or 7 years and won the U.S. women’s longboard title for under 18’s in 2001.

I quit competing to go to university, but I’d also reached a point where I wasn’t really having much fun competing. While earning a degree in environmental science, I started researching surfing, environmentalism and gender issues. “Thanks to” the Global Financial Crisis, I couldn’t get a job after graduating from university, so I began blogging about the intersections of surfing, feminism, community and environmental issues. That was about 8 years ago now. I guess it started because I didn’t really see my experience of surfing in any of the surf media that was around at the time; it all catered to a very narrow audience that often excluded women’s perspectives.

I wanted a place to read about surf culture as I want it to be — about camaraderie, community, environment and respecting diversity — so I started to create a small digital space for that to happen. That turned into The Sea Kin, which was just a blog at first, but now it’s morphed into more of a visual Instagram community.
Eventually, Billabong came along and gave me the incredible opportunity to pursue this crazy thing called “professional” free-surfing.

あなた自身について、サーフィンの経験なども含めて少し教えて

フロリダの沖に位置するバリアー島で、海に囲まれた環境で育ったの。家族はいつもビーチで時間を過ごし、父親はサーフィンをしていたからいつもサーフボードが周りにあったわ。小さな島でする事はそんなに沢山なかったから、サーフィンがあって本当に助かった。
6、7年コンペティターとしてサーフィンした後、2001年のU.Sウーマンズ ロングボード選手権、18歳以下のクラスで優勝をしたの、でも大学で学びたいことがあって、競争の世界にも少し嫌気がさしていたし、コンペティターの道は諦めることにしたの。大学で環境科学を学ぶと同時に、サーフィン、環境主義や性別の問題などに関してもリサーチを始めたわ。

卒業後には、世界金融危機のお陰で有難いことに就職にもありつけず、サーフィン、フェミニズム、コミュニティーと環境問題を融合したデジタルなスペースを始めたの、あれはかれこれ8年くらい前のことになるわね。そのブログを始めた理由としては、自分が欲するスタイルのサーフィン情報が、その頃のメディアにはまだ出回っていなかったし、そこには女性の観点などが含まれていなかったり、とても狭いエリアの人々を相手にしたタイプのものになってしまっていたわ。自分が読みたいものを読める、取り上げられるスペースを作り出し、それが ”The Sea Kin” となり、インスタグラムコミュニティーと変化し、ゆくゆくはサーフブランドの大手として知られるビラボンが加わり、信じられないようなクレイジーな肩書き ”プロのフリーサーファー” となるチャンスをあたえてくれたのよ!

lauren-hill_girls-living-the-dream_2

When did you move to Byron Bay and why?

While I was studying, I spent a semester abroad in Australia at Southern Cross Uni, which is just inland from Byron. I set it up so I only had to go to school three days a week, and the rest of the time I was surfing in Byron. I fell in love with Australia then.

Years down the line (and back in Florida), I fell in love with my now partner, Dave, who lived in Byron. So, I followed that love for him and the love for this beautiful place and made the move in 2010.

オーストラリアに来た理由を教えて

大学在籍中に、ひと学期をオーストラリアで過ごすことになったの。サザンクロス大学というバイロンベイから近い場所を選び、学校にも週に3日しか行かなくていいようにセットアップしたの、週のほとんどをサーフィンして過ごした結果、オーストラリアという国に恋に落ちたわ♡

フロリダに戻った数年後に、今のパートナーとなったデイブと恋に落ち、その恋をたどりこの土地に舞い戻ってくることになったのが2010年。

 

What differences do you feel between Florida and Byron (or AUS)?

Moving is always a challenging process that requires a good bit of trust and time to settle into making somewhere new a home.

I love Byron because of its crazy beautiful land and sea scape, the fact that ecosystems here are largely still in tact – the air and water are clean. I love the culture of this place; that people really value how they spend their time. Australians really value leisure time — not working, but playing — and a lot of that time is spent at the beach, which I love.

The culture of the US is generally very ambitious; everyone is defined by what they do and what they produce. That’s okay, I grew up with that attitude (and I’m glad that I did), but you sure do miss out on a lot of life’s great pleasures when you only focus on productivity. I guess it’s just about balance. I really miss the food in Florida — hot sauce, boiled peanuts, my mom’s cooking.

フロリダとバイロンの違いについて感じることを教えて。

新しい土地に移り、そこをホームと呼べるようになるまでには、いつだってチャレンジと信頼、そして時間を要するわよね。私はこのクレイジーなくらいに美しい、バイロンの海と山の景色が大好き。綺麗な空気と水、自然界のエコシステムがしっかりとそこに存在しているわ。それに、この場所の人々の時間の過ごし方がとっても好き。オーストラリア人は楽しむことが大好きよね、仕事よりも遊び!屋内よりも屋外!ビーチで過ごす時間がとても多いこの土地のカルチャー、私が最も好きなことのひとつね。

lauren-hill_girls-living-the-dream_3

What was your biggest dream when you were little and what is it now?

One of my biggest dreams was to be in love with all of my heart. Thankfully I found surfing and it’s helped guide me through every major decision I’ve made in my life, from where to go to university, to who I was in relationship with. I’m still falling deeper and deeper into love with riding waves, always learning something new. So, I suppose my dream now is to honor the love that surfing has created in my life by being of service to our surfing community and to this incredible planet we get to inhabit.

小さな時に描いていた大きな夢はなに?

大きな夢の一つだったのは、何かを心から存分に愛すること。
ありがたいことにサーフィンと出会えた事で、どこの大学に行くのか?から始まり、誰と交際するかまで、人生のメジャーな決断をする時には大きなガイドとなってくれたの。そして今でもまだ波に乗る事からいつも新しい事を学び続け、深く深く恋に落ち続けているわ。これからの夢は、サーフィンが私の人生に与えてくれた愛に感謝し、サーフコミュニティーや私たちの生息するこの地球に、恩返ししていく事だと思ってる。

 

How do you feel about people thinking you are ‘living the dream’?

I don’t think that there’s one singular “THE DREAM” that everyone would want to be living. Thankfully we’re all different, have unique gifts to share with the world and we all express our lives differently. For example, for the first year that Dave and I lived on our property, we didn’t have running water at all. No hot showers, even in the winter! And our toilet was just a trash bin with a toilet seat on it. I’m positive most people wouldn’t have called that dreamy at all. But it was part of the evolution of creating our own version of a dreamy life together.

I’m just doing the best that I can to live out my dreams for allowing the ocean and elements to guide my daily schedule, to love the people around me as best I can, and to make space for a life that brims with learning and play.

人々が、あなたは夢を生きている人だと思っている事についてはどう感じている?

夢の生活ていうのは人それぞれだと思う。人はみな違い、世界と共有する特別な贈り物を持ち、生き方の表現の仕方までもが違う。
例えば、私とデイブ(ラスタ)が現在住んでいる土地に住み始めた頃、水道は通っていなかった、冬でも温かいシャワーが浴びられず、トイレだってバケツの上に便座が乗っかているようなものだけだったのよ。そんな生活を「夢の生活と」呼べる人は多くないと思うわ。でもそれは「私達らしい夢の生活」を作り出す、大切な成長過程だった。
学びと遊びに溢れ、周りにいてくれる人々を心から愛せるような日々の生活リズムを、海やその他の要素が自然と導き出してくれる。そんな風に生きれるためにベストを尽くしているわ。

lauren-hill_dave-rastovich_girls-living-the-dream

How does your daily routine look like?

Stretch, surf, blueberry smoothie, reading, writing, salad from the garden or a burrito,  siesta, gardening, surfing, scrabble.

1日の流れはどんな感じ?

ストレッチ、サーフィン、ブルーベリースムージー、読書、ライティング、ガーデンから収穫したものでサラダかブリトーでランチ、お昼寝、ガーデニング、サーフィン、スクラブル(ボードゲーム)

lauren-hill_dave-rastovich_girls-living-the-dream_5

How did you meet Dave?

We met through a mutual friend about 10 years ago in Australia. Dave asked to film me surfing under the full moon for a movie he was making called Life Like Liquid. We were both in other relationships at the time, but we shared this electric look from across a living room one night. It was totally unforgettable. Not logical, just like a future glimpse of love – that’s the only way I can describe it now. Shortly thereafter, I went back home to Florida to finish my Environmental science degree at university and we lost touch. Three years later, he wrote me an email and we started writing to each other every day until I finally made the trip back to Australia, and we’ve been together ever since.

デイブ(ラスタ)との出会いを教えて。

共通の友達を通して、10年くらい前にオーストラリで知り合ったの。デイブはその頃 “ Life Like Liquid”というフィルムを製作していて、満月の月明かりの下でサーフィンしている姿を撮影させてもらえないかと尋ねてきたわ。ある夜、リビングルームの両端にいた私たちの間に稲妻のようなものを感じたの、忘れられない出来事だったわ。その時はお互いにパートナーがいたけれど、未来の愛を垣間見た様なものだったのね。
環境科学の勉強を大学で続ける為に私はフロリダに戻り、そのままデイブとの連絡も途切れたわ。そして3年後、彼からメールが届いたの。それからは私がオーストラリアにたどり着くまで毎日メールのやり取りをしたのよ。

lauren-hill_dave-rastovich_girls-living-the-dream_5

 

Can you share a little about where you live and about Dave, including your favorite place to surf, explore the environment, take time out and nourish yourself?

Our favourite place in the world to be is home. We’ve really created our version of a sanctuary where we can play, but also be quiet. We can get really creative in our ‘culture club’ or we can sit and watch the honeybees pollinating. And then the most beautiful beach is just a short walk away.

デイブとどんな場所で生活しているか、そしてお気に入りの場所や大好きなサーフポイント、休暇を取って充電しに行く様な場所を教えて。

私たちの世界中で一番大好きな場所は、自宅!
私たちが考える、遊びなおかつ静けさを楽しめる憩いの場所というビジョンを、しっかりと作り出す事が出来たの。カルチャークラブ(2人のオフィスであり、書斎でもある部屋)に一歩踏み入れれば、ものすごくクリエイティブになれるの、もしくは窓の外で飛び交う蜂たちを眺めたりしてのんびりしたりもするわ。そして何よりも、最高に美しいビーチが徒歩ですぐの場所にある事。

lauren-hill_girls-living-the-dream_6

What do you do when you get back form the trips (incl. at home)?

When I’m away, I always miss picking fresh herbs, greens and veggies from our garden. So, that’s usually one of the first things I do when I get home. And drink as much of our own rainwater tank water as possible!

旅から戻ると真っ先にする事はなに?

いつも旅にでると、庭のフレッシュハーブや野菜を収穫する事が恋しくなるの。だから帰ったらすぐにガーデンに直行する、そして雨水を貯めているレインウォータータンクのお水をガブガブ飲むわ!

lauren-hill_girls-living-the-dream_7

What are your thoughts on becoming a mother and having a family one day? (Any pressure form outside?)

It’d be such a blessing to become a mother when the time is right. There’s so much pressure as women to do it all, to have it all — and maybe we can, but not all at the same time. Our bodies and our lives are our own to decide how to best use them to serve our hopes, dreams, wishes and desires. I’ve purposely waited until I’m in my 30s before trying to start a family because my career has been so satisfying and rewarding. There’s pretty much an endless stream of people asking if I’m pregnant (which is never an appropriate question to ask, in my opinion) or when I’ll get pregnant. I find this kind of problematic because, while I do want motherhood to be part of my life, I don’t want it to wholly define who I am.

あなたにとって母親になるという事、この先家族を持つ事に対してはどん考えを持っている?

母親になれるという事は、時期が合っていればとても素晴らしいギフトだと思う。女性にとって、全てをこなしそして全てを得るという事は大きなプレッシャーでもあるわ、きっと可能なはず、でも全て同時には起こらないわね。
私たちの身体や生命は、夢や望み、欲望を叶える最良の方法を知っている、私が30代まで家族を作り出す事を意図的に待っていたのは、自分のキャリアがとても軌道に乗っていたからなの。だけど人々は永遠に「赤ちゃんできた?」とか、「いつ子供作るの?」などという質問を投げかけてくる。。。(私にとっては、そういう質問はどんな状況であっても適切ではないと思う)問題なのは、私にとって母親になるという事はわたしの人生の中の一部であって、私という人間の全てを定義づけるようなものではないという事。

lauren-hill_girls-living-the-dream_8

What are your 3 little spirals – things that keep you excited, balanced and bring you down to earth?

Making time to be quiet and still, balanced with dynamic times of intense movement and full body exercise. I’ve been loving winter walks over the headlands to watch the humpback whales migrating by. They are such a testament to the power of environmental activism and good policy – they were nearly hunted to extinction off the coast of Australia, but now their numbers are flourishing and we get to see more and more beautiful whales each year. Also a good surf in the sunshine always brings me right back into the beauty of getting into being in my body with so many ways to sense this wondrous world.

あなたにとっての3・リトル・スパイラルズ(ワクワクさせ、バランスをとり、地に足をつけてくれる事)とはなに?

時間を割いて静寂なかで静止すること、そして激しく全身を動かす運動のダイナミックさとの両立でバランスをとっているわ。最近は大好きなことは、岬で冬の散歩中に沢山の座頭鯨を眺めること、絶滅寸前だった彼らが年々増え続けることにはワクワクしているわ。
そして何と言っても、いい波、太陽の光はいつも私自身を心地よくセンターに戻してくれる、驚くほどに素晴らしいこの世界を、あらゆる方法で体験することが出来る私の自身の身体に。

 

lauren-hill_girls-living-the-dream_10

lauren-hill_girls-living-the-dream_11

Living where you love.
Sustaining a living with what you love.
Empowering each other with who you love.
Lauren is living her dream love life!

>>> Now it’s time to create YOUR dream life <<<

愛する土地に腰を据え
愛する事柄で生計を立て
愛する人と共に成長し続ける
ローレンは愛に溢れた夢を存分に生きている

>>> 夢の生活を創り出し生きる、今度はあなたの番 <<<

Magically captured by Ming Nomchong  &  Carly Brown

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply